瓦斯ログ

FC東京とか、FC.TOKYOとか。

FC東京に中国語対応可能の通訳伴さんが加入!昨シーズンまでカンボジアでプレーしていました。




@NishidaOkさんのツイートなどで話題になっていましたが、FC東京のスタッフとして伴和曉さんが加入しました。




選手としてではなく、通訳スタッフとしての加入です。


現在はバーンズの英語通訳として活動しているようです。




オフィシャルサイトには、

伴 和暁 (通訳)

□生年月日:1987年8月21日
□出  身:東京都西東京市

仙台大学を卒業後中国へ渡り上海体育学院、体育人文学院を経て、3ヵ国で選手としてプレー。英語、中国語に長けており、2016シーズンより通訳としてFC東京へ加入。豊富な経験を生かしチームを支える。


とあります。
http://www.fctokyo.co.jp/topteam_coach



英語、中国語に長けているとありますが、これまではエストニアポーランドカンボジアでプレーしていたようです。



ちなみに、横河武蔵野FCユースだったみたいですね。Wikipediaでは阿部拓馬と同期だったようで!(ほか、同期に常盤聡、先輩に李忠成


カンボジア時代には何度かメディアにも登場しており、目にされた方も入るかもしれませんね。

2014.10.18
www.abroaders.jp

2014.12.06
www.huffingtonpost.jp

2015.12.12
blog.compathy.net

2016.01.30
aseanfootball.biz


中国語がいけるとのことですので、@nishidaOkさんはこのような見解(想像)を。




アジア展開を加速化させるためには「あり」だと思います!


でも、今は枠いっぱいだから、まだ先かなー。



とまれ、伴さん、FC東京へようこそ! どうぞよろしくお願いします!!